2018年 醤油・味噌造りワークショップ参加者募集

醤油・味噌造りワークショップ

あなたもおいしい自家製醤油・味噌を造ってみませんか?

IMG_7845

【期日】 2018年3月25日(日)※醤油・味噌が出来るのは約1年後になります

【時間】 10:00 ~ 12:00

*終了後 農楽倶楽部の無農薬米で作った炊き込みご飯を試食していただけます。

*弁当持参でダーチャで昼食も可です。(キッチンあり)

場所 扶桑ダーチャ 愛知県丹羽郡扶桑町高雄中郷399

・地図URL→ https://goo.gl/MjzsGj

・名鉄犬山線 扶桑駅より徒歩20分?木津用水駅より徒歩15分?

・電車の方はご相談下さい。(扶桑駅までは名古屋駅より約30分)

・駐車場有り

【講師】 海老澤 哲也(えびさわてつや)先生

【参加費】

● 醤油のみ希望の方 1グループ(家族)4000円

各家庭で約1.5升の醤油がつくれます。1年後に搾り行程(参加費3000円)にも参加が必要となります。

● 味噌のみ希望の方 1グループ(家族)4000円

各家庭で約1kgの味噌がつくれます。2kg作りたい方は7000円

● 醤油・味噌両方作る方は7500円

お一人で参加でも両方作っていただくことは可能です。醤油+味噌2kgなら10500円

【持ち物】 エプロン・筆記用具

【定員】 先着15名様まで(お早めに)

・子どもさんも大人も一緒に醤油・味噌づくりに参加・体験していただけます。

・安心、安全な材料で作ります。必要なものはすべてこちらで用意します。

・5リットルの樽に醤油、あるいは1キロのタッパーに味噌を仕込み、お持ち帰りいただきます。 醤油は一年後に搾り約1.5升の醤油になります。IMG_7854

・ワークシートで発酵について勉強します。

・自家製の醤油と味噌【手前味噌と手前醤油】でいきいき健康に!

お申し込みは、お名前・ご連絡先・参加人数・ご希望のコースを明記の上、E-MailかFaxでお申し込み下さい。 申込み締切3/20(月)

名古屋農楽倶楽部

〒480-0102 愛知県丹羽郡扶桑町高雄中郷399

申込み FAX:052-451-8031 e-mail : noraku@kkan.net

問合せTel:052-451-8030

チラシはこちら http://kkan.net/noraku/documents/2018/1803syouyu-miso-ws.pdf

2017年稲刈り体験イベントは今週も中止です

みなさんこんにちは

2017年稲刈り体験イベントは、10月22日(日)を予定しておりましたが、雨と台風の影響で1週間延期。そして今週末29日(日)もまた雨模様です。

今週も稲刈りはできませんので今回は体験イベント中止とさせていただきます。

また11月12日(日)の収獲祭も見通しが立ちませんので、中止とさせていただきます。

稲刈りは行わなければいけませんのでスタッフで天気を見ながら時間のあるときに機械による刈取とはざ掛けを行う予定です。日にちを設定してのイベントとしては中止しますが、もし稲刈りはざ掛けタイミングがあれば体験や見学に来ていただくのは大歓迎です。このブログやFacebookの農楽倶楽部のページで発表しますので、どうぞお出かけください。その際レジャー保険には加入いたしませんので、怪我や事故のないよう十分御注意の上お出かけください。

FXT19055

味噌の天地返しはやりましたか?

IMG_7068

味噌造り体験に参加された方は、その後どんな感じでしょう。7月中くらいに天地返しをするとおいしくなりますと言う説明でしたが、やりましたか?

わが家ではすっかり忘れていて、これからやるところです。

やり方としては、

  • タッパーで熟成中の味噌を一度きれいなボールとかにあけて、タッパーをきれいに洗って乾かしてください。
  • あける前に、表面に白いカビなどがあれば取りのぞいてください。ほんの少しくらいは大丈夫のようです。
  • ボールにあけた味噌はよく混ぜてください。
  • 乾かしたタッパーに再び空気が入らないようにだんごにして投げつけるように入れていってください。
  • また蓋をしてさらに熟成を継続してください。
  • この時、もう塩で蓋をする必要はないそうです。

すでにおいしいお味噌になっていると言うことですので、早く食べてみたい方は食べてしまってもいいようです。このまま1年〜1年半くらい(3/13に仕込みましたので、来年3月から8月くらいまで)が食べ頃と言うことです。

おいしい手前味噌になっているか、楽しみですね。

★★★天地返しをしなくても、だめではないのですが、することによってずっとおいしくなるそうです。まだの方は是非お早めに!IMG_9084

IMG_9085

IMG_9086

まだこれから天地返しするところですが、すでにつまんでみたらおいしいお味噌になっていました。

田植え後の田んぼ作業 参加者募集

7月10日(日) 羽黒田んぼで除草作業と補植作業を行います。

参加者募集しますので、お時間ある方はご参加下さい。

具体的には、2号田んぼ(みんなで田植え体験した田んぼ)を中心に、エンジン付き田打ち車で伸び始めた雑草を除草し、植え残しや根付かずに枯れてしまった苗のところの補植を行います。田植えに参加出来なかった人は是非ご参加下さい。

朝9時頃から開始します。投票を済ませてからお出かけください。今回は参加費は要りませんが、保険加入しませんので充分気をつけて行動してください。持ち物、準備、注意事項は田植えの時に準じます。こちらをご覧下さい。1606田植え体験 ご参加のみな様へ

ローレライ麦酒館のランチバイキングも利用可能だと思います。

IMG_8741

こんな風に苗が抜けたり根付かずに歯抜けになってしまったところに、余っている苗を補植します。

田植えから3週間経ちました

2016年7月3日(日)午後遅くなってしまったのですが、田植えから3週間経った田んぼを見てきました。

【3号田んぼ】

IMG_8733

しっかり根を張り緑濃くなっています。歯抜け部分もそれほど目立たず、いい感じです。

IMG_8734

問題の雑草は?・・・と見てみるとまったく出ていません。この田んぼは借り始めた当初よりジャンボタニシが多く発生して、きれいに雑草の芽を食べてくれます。ジャンボタニシは、南米から輸入した外来種が繁殖したもので、駆除の対象になっています。イネの苗も食べますが、ある程度大きく根が張り始めれば食べないので、自然農法の除草方法としては返って活用する方がいいのではないかと言う考えもあります。

【2号田んぼ】みんなで手植えした2号田んぼの様子です

IMG_8739

遠景 手前は隣地の空き地

IMG_8740

隣の空き地の水底もこの通り、ジャンボタニシにきれいに雑草が食べられています。

IMG_8741 みんなで手植えした部分。駐車場側が大分抜けてしまっていましたが余った苗で捕食しておきました。抜けているのは、しっかり根っこを延ばすことが出来ずに(水深が深くて、田植えの時にしっかり土の中に入っていなかったかも知れません)弱っていた苗がジャンボタニシに食べられてしまったのだと思います。

IMG_8743

ところどころのびきらなかった苗が見られます。

IMG_8745

こんな感じで弱ったイネの苗は水中に枯れていきます。

IMG_8748

大きくなった雑草に産み付けられたジャンボタニシのたまご しかしすごい色ですね。

IMG_8750

2号田んぼ だんだん暗くなってきました。夕立がきそうです。

IMG_8753

ちょうどカーマでかいものをしているときにものすごい豪雨と強風。

 

【1号田んぼ】
豪雨の中、車の窓も開けられないほどでしたが、1号田んぼを見てきました。

IMG_8754

よく見るとここは雑草の芽がたくさんで始めています。

IMG_8755

苗が倒れて抜けているかに見えるのは、除草された雑草で、朝から、エンジン付き除草機で作業していただいたKKさんのおかげです。

IMG_8757

雑草も多く、成長も遅め。歯抜けも多いですが、1号田んぼは一番水が冷たく、上流側なので生育は他に比べて遅いようです。2年前、水不足のためかなりの雑草がはびこって、種をまき散らしてしまったのも原因かも知れません。

【4号田んぼ】

IMG_8758

4号田んぼもジャンボタニシが多く、雑草は見られません。ちょっと水深が浅めですが、ここはすぐに用水からの水が止められ気味。

 

 【3号畑】

3号畑2号畑ではこの日も早朝から畑班の作業があり、いろいろな野菜がとれています。収穫物をたくさんいただいて帰りました。IMG_8737

IMG_8738

IMG_8735

キャベツ ニンジン エダマメ キュウリ ジャガイモ トウモロコシ(とても甘かった)を持ち帰る用に用意してもらっていました。ごちそうさまでした。

 

今年度のこれからのイベント予定

今年の田植え体験は無事終了しましたが、今後夏の間に子どもたちが喜んでくれそうなイベントを草取りとセットにして企画しようと思っています。また是非ご参加下さい。

2016年度 日程 主な予定
3月13日(日) 味噌造り体験 終了
6月11日(土) 御田植祭・田植(機械植え)終了
6月12日(日) 田植え(手植えによる)終了
(6/19日曜日は自然農、機械に頼らない稲作を行っている岐阜県瑞浪市で田植えを行います。興味ある方はご連絡ください)
6月3週目~ 10月2週目の日曜日 畦 草刈り 酵素水 葉面散布など 週末ごとに行うほか、隣接の畑の作業も体験できます。
10月22(土) 稲刈り(機械刈り)・はざ掛け
10月23(日) 稲刈り(手刈り)・はざ掛け
11月6日(日) 脱穀・籾摺り・収穫祭
12月 ~ 翌年1月 田おこし(微生物を使った土づくり)

農楽倶楽部募集パンフ2016

田植え用長靴

田んぼを始めて6年目

1年目から使い始めた田植え用の長靴が穴が空いてしまい今回新しく購入した。約1,800円 サイズは大きめ(普段+1cm)を買ったがそれでも脱ぐときにかなり苦労するくらい密着する。

泥沼のような不陸だらけの瑞浪の田んぼでは、簡単に深みにはまってしまい普通の長靴では役に立たない。

IMG_7960

IMG_7961

重いディーゼルトラクター エンジンは快調にすぐかかるがちょっと湿った田んぼではすぐに泥で動かなくなってしまう。タイヤを、鉄のかご車輪に買えてもこの通りすぐにだんごになってスリップし前進しなくなる。今日は何とか脱出出来たが、前回は何度も車にロープをつけて引っ張りながら脱出した。

IMG_7973